肝斑(かんぱん)を一般的なシミと同じように扱った私は地獄をみました。美容〇〇師がコッソリとしている方法で簡単にケアできることだったのに。。

肝斑(かんぱん)の治療の費用は?レーザーは?

総合

肝斑(かんぱん)の予防で効果が望めるのは?

更新日:

肝斑(かんぱん)の予防

顔に肝斑(かんぱん)があるだけで老けてみえたり、顔がくすんで見えるなど良いことはありません。肝斑ができてから取り除くよりもできないようにすることも必要です。

肝斑(かんぱん)の予防は紫外線対策、肌に刺激を与えないこと、ストレスを溜めないことです。肝斑はシミの一種なので紫外線対策は必須です。

肌のためにフェイスマッサージをやることがありますが、フェイスマッサージのやりすぎや、洗顔する際に強く擦ることなどの肌への刺激はメラニンを増やすことにつながるので避けます。

ストレスでも肝斑ができることがあるため、ストレスは溜めないようにします。また溜まったストレスはできるだけ解消するように心がけることが肝斑予防には大切です。

ホルモンバランスの乱れも肝斑ができる原因になるので、規則正しい生活習慣を送ったり、健康的な肌のために栄養バランスのよい食生活や質のよい睡眠時間、適度な運動などを心がけます。

 

いつから予防が必要

肝斑(かんぱん) は30代から40代に発症することが多いですが、ホルモンバランスが崩れたり、過度のストレスなどがある場合は20代でも肝斑ができることがあるため、早めに予防を始めると良いです。

肝斑は黄体ホルモンの増加によって女性ホルモンのバランスが崩れることで引き起こされるシミの一種です。

そのため発症するのは女性ホルモンの分泌量が減少する30代後半から40代の女性に多いものです。

60代以上にはると発症することは少なくなります。

早くからストレスを溜めないようにしたり、バランスのよい食生活をするように心がけることが肝斑の予防につながります。

肝斑とシミは似ていて肝斑をシミと思って自己流でケアすると悪化する可能性もあるので早めに肝斑ができないようにすることも必要です。

 

まとめ

肝斑(かんぱん) は、シミに似ていますがシミではないため、シミのセルフケアとして美白化粧品などを使っても改善することはなく逆に悪化することもあります。

できてしまった肝斑は皮膚科などで治療をすることで治すことができるので早めに皮膚科や美容皮膚科を受診することが必要です。

できてしまったら治療をする必要がある肝斑なので、できないように予防することが良い選択と言えます。

肝斑(かんぱん) ができる原因には女性ホルモンの崩れによってできたり、ストレスや肌への刺激によってできやすくなるため、30代より前から規則正しい生活習慣を送ることや、食生活や睡眠時間、運動などを見直すことで発症しにくくすることも期待できます。

-総合

Copyright© 肝斑(かんぱん)の治療の費用は?レーザーは? , 2018 All Rights Reserved.